【免許が無くてもバイクに乗れた!】予想を超えて、なんと!教習所イベントが楽しかった

いつもこの季節になると、「バイクに乗ったら気持ちいいだろうな」「今年こそ免許取ろうかな」などと思いながらも、行動にまで移さず過ごしてきた方も多いと思います。

そんなバイクに興味はあるものの、免許取得には二の足を踏んでいた方にとって、まさにうってつけのイベントが、4月21日に藤沢高等自動車学校にて開催されましたので、イベントレポートとしてご紹介いたします。

「教習所が主催のイベントなんて、どうせつまらないだろう…」と思ったそこのアナタ。そんな考えを払拭する充実のイベント内容でしたので、是非この記事を読み進めて下さい!

誰でもバイクが楽しめるイベント「春のバイク祭り」

4月21日、藤沢高等自動車学校で、免許の有無にかかわらずバイクが楽しめるイベント「春のバイク祭り」が開催されました。

本イベントは、「バイクの楽しさを知っていただき、バイク免許取得を迷っている人の背中を後押しする」という主旨のもと、今年で2回目を迎えるイベントです。

  • 国内外バイクメーカーのニューモデルがイッキに試乗できる「大試乗会」
  • 免許の有無にかかわらず中型や大型バイクの教習体験が受けられる「体験教習」

と、目玉コーナーが2つもあったので、イベント開始前からご覧の通り長蛇の列でした!

昨年行われた第1回が盛況だったため、今年も開催する運びとなったわけですが、リピーターや口コミ効果などでここまで人が集まるイベントなんて、昨今の“バイク離れ”もどこへやら。

簡単なアンケート用紙を記入し、受付で免許の提示(持っている方は)をすると、それと引き換えにノベルティやバイクメーカーのカタログなど、嬉しいおみやげがもらえました。完全無料で、さらにおみやげまでもらえちゃうなんて、いきなり得した気分です!

イベントの全体図はこんな感じです。

バイクメーカーのブースはもちろん、レンタルバイクのブース、ハーレーダビッドソンの体験型アトラクション「ジャンプスタート」、キッチンカーによる飲食ブースなど、想定していた教習所独特の重々しい雰囲気を微塵にも感じさせない、賑やかな印象にビックリ!

また、ファミリーからカップルまで、老若男女を問わず様々な年齢層の来場者で溢れかえり、さながらバイクの遊園地のようでした。

ハーレーダビッドソン「ジャンプスタート」

こちらは、ハーレーダビッドソンの名物アトラクション「ジャンプスタート」。

エンジン始動からクラッチ操作、ハーレー特有の鼓動感(ドコドコする感じ)も体感できる、疑似運転アトラクションです。もちろん操作するのは本物のバイクなので、タイヤも回るし、アクセルにあわせてエキゾーストノートも奏でます。しかしバイクがしっかりと固定されているため、走り出してしまったり、倒れることもありません。つまり、バイク運転未経験の子供でも安心安全に楽しめるアトラクションなのです!

バイク未経験の筆者にとって、これが意外にも楽しく、大型バイクの力強さに一瞬で虜になりました。バイク未経験の方には超オススメ!

ハーレーのトライクで記念撮影

ジャンプスタートの隣には、日本ではまだ珍しいハーレーのトライク(三輪バイク)にまたがって記念撮影ができるコーナーもありました。形状のユニークさとスケールの大きさからか、特に女性やファミリーに人気でした。

世界最高峰の技術が注ぎ込まれたカワサキ「H2」も展示

続いてこちらがカワサキブース。「H2」という、世界最高峰の技術が注ぎ込まれた、メチャクチャ速いバイクも展示されていました。

さながら戦闘機のような迫力があり、バイク好きではなくとも思わず息を呑むほどの風格と佇まいでした。

現役バイク教官によるデモ走行も!

毎日教習生を指導している現役バイク教官さんたちによるデモ走行もありました。中でもシンクロ走行は圧巻で、来場者も食い入るように教官のライディングテクニックに見惚れていました。

これだけ自由自在にバイクを操れたら、きっと楽しいんだろうなぁ。

豪華景品があたる「大じゃんけん大会」

デモ走行のあとは、超豪華賞品(数万円相当!?)が当たる「大じゃんけん大会」が催されました。

無料でバイク試乗&教習体験ができて、入場時にノベルティーまでもらえて、さらにじゃんけんで勝ったら景品までもらえるなんて、なんと太っ腹なイベントなんだ…。春のバイク祭り、恐るべし!

飲食ブースも充実!

また、バイク関連のブースだけではなく、当日は飲食店も出店しており、沖縄ソバやステーキ串、かき氷やコーヒーなどが堪能できました。

ちなみに筆者はステーキ串とじゃがバターをチョイス。屋外での食事というだけでもテンションが上がりますが、好きなバイクたちに囲まれての昼食はさらに格別でした。

目玉コーナー1「大試乗会」

そしてこちらが、本イベントにおける目玉コーナーの1つ「大試乗会」。

この試乗会の特徴は、先の通り、中型バイク免許の方でも国内外の主要バイクメーカーの中型〜大型ニューモデルをイッキに試乗できるとあって、会場内でも一番人気のあるコーナーでした。

目玉コーナー2「体験教習」

無免許の筆者にとって、一番楽しみにしていたのが、こちらの「体験教習」。

バイク教官がマンツーマンで教えてくれるほか、ヘルメットやグローブ、安全のためのプロテクターなど、必要な用品もすべて無料で貸してくれるため、まさに手ぶらでバイク体験ができるコーナーなのです。

まずは、バイクの基礎知識として、ブレーキのかけ方やクラッチの操作方法など、バイクの特性を教えてもらいました。

バイクって、ある一定の角度を超えて傾けると、急に重くなるんですね。それがわかっただけでも、筆者にとっては大きな進歩です。

そして、念願のバイク運転!

初めのうちはかなり緊張していましたが、バイク教官さんがぴったり横についてくれていたので、とても安心して運転できました。

何よりこの体験教習でバイクの楽しさを実感できたのは、この日一番のおみやげでした。毎年のように免許取得を断念していた、あの日の自分に教えてあげたい。

イベントの魅力を動画まとめてみました!

さらに!

最新モデルを一気に乗り比べ!「ニューモデル試乗会」も開催!

バイク購入時に、最も気になるのが“乗り味”でしょう。しかし、ニューモデルの試乗は各メーカーの取り扱い店でしかできず、ましてや、何日もかけてお店をハシゴするなんて、面倒極まりないですよね。

そんなディープなバイカー諸兄に、とことんバイクワールドを楽しんでもらうために、カワサキ、スズキ、ホンダ、ヤマハ、ハーレーなど国内外メーカーの最新モデルが20車種以上一堂に集まる、「ニューモデル試乗会」まで開催されるのです!

たとえばこんな試乗車が用意されています。

ホンダ「CB1100RS」

ヤマハ「XSR900」

カワサキ「Ninja 1000」

スズキ「GSX-S750 ABS」

※試乗車は、都合により当日変更の可能性があります

どうですか?
写真を見ているだけでもワクワクしてきませんか?

「ニューモデル試乗会」のイメージ動画もあります!

いかがだったでしょうか。

「行ってみようかな」と思いつつも結局来なかった方や、ハナから「教習所イベントなんて…」とたかをくくっていた方は、今頃「春のバイク祭り」に参加しなかったことを後悔しているのではないでしょうか。

思っていたよりも普通に楽しいだけではなく、何よりメリットしかないイベントなのですから。

現在、バイク免許の取得を迷っているのであれば、免許取得前にバイクの楽しさを充分知ることができるので、間違いなく同様の教習所イベントに参加することをオススメします!

春のバイク祭りに参加できなかった方に朗報

実は、同様のイベントが、5月28日(日)に「都南自動車教習所」(神奈川県座間市)でも開催されるのです!詳細については下記にリンクを貼っておくので、春のバイク祭りに参加できなかった方は是非こちらのイベントに参加してみてください。

※試乗車は、都合により当日変更の可能性があります

また、試乗会に興味を持ったバイカーの方は、バイクに興味がある友達を誘ってあげてください。バイク友達を増やす絶好のチャンスですよ!

※5月21日(日)に鶴ヶ島自動車教習所で開催された「ハートフルフェスタ2017」は、大盛況のうちに無事終えることができました。暑い中ご来場頂きました皆様、ありがとうございました! 次回「ハートフルフェスタ」にも乞うご期待ください!

友達とシェアしよう!

あわせて読みたいオススメ記事