あなたは大丈夫?バイカー男子が女子から抱かれるイメージ10パターン

毎日がバイク漬けの方から休日だけバイクに乗る方まで、“バイカー”と一括りに言ってもバイクとの付き合い方は人それぞれです。しかし、バイクに無頓着な女子達からしたら、バイクに乗っている人は全てバイカーなのです。

そんなバイカーに対して、巷の女子たちはどんなイメージを持っているのでしょうか? う〜む、これはバイカーじゃなくても興味ありますよね! そこで当サイトでは関東在住の10~20代女性に協力を依頼し、「バイカー男子が女子から抱かれるイメージ10パターン」を聞いてみましたので、ご紹介しましょう!

1:チャラくなくってカッコいい

「チャラチャラしてなくてカッコいいかも!?」(10代女性)

バイカー男子にとっては嬉しいお言葉ですね!一方で「黒ずくめでカラスっぽい」という指摘も……。イマドキ女子には、革ジャンエンジニアブーツ的な男臭いバイカーファッションは少し引かれるようです。モテバイカーを目指すなら、自然なカジュアル路線が一番なのかも知れません。

2:バイクネタ話がウザい!

「コレは実話。マジで自慢話がウザかった(怒)」(20代女性)

バイカー代表として、謝罪させていただきます。申し訳ありません……。

“バイク乗りあるある”のような「雨の日の辛かった(けど面白かった)ツーリング話」などの話題は、残念ながら女子には全く伝わらないみたいです。一緒にバイクが出てくる映画を観るなど、徐々に洗脳するしかないですね。笑

3:ツーリングに連れて行ってくれそう!

かれんさん(@karen_s2r)がシェアした投稿

「まずは近場から、二人乗りで行ってみたい!」(20代女性)

そんなこと言われたら、惚れてまうやろー!的なコメントですね。

しかし、単純なバイクへの興味なのか、自分に好意を抱いてくれているからなのか、いまいちわからないですね。女心は難しいです……。もちろんそんなこと言われたら選択肢はタンデムデートの一択ですが。

4:メカの話とか長そう……

ノブさん(@minamisuzuno)がシェアした投稿

「街行くバイクの解説とかされそう」(10代女性)

「マンションの駐輪場で工具を持っているマニアックそうな人を見かける」(20代女性)

バイカーたるもの、メカには並々ならぬこだわりがありますが、女性の立場からすると完全に外国語のようですね。メカの話をするのはバイク仲間だけ!と割り切りましょう。特にカスタム後・メンテナンス後は「誰かに聞いて欲しい病」の発作に注意が必要ですね。

5:たくましくてかっこいい!

革ジャンとかエンジニアブーツってたくましい感じがしてカッコイイ!」(20代女性)

おっと、先ほどのイメージとは逆に好意的な意見もありました。

「バイカー=たくましい」という良いイメージを抱いている女子も少なからずいるようです。男から見ても好きなことに夢中になっている友達はカッコよく見えるもの。女子の目を気にし過ぎず、自然体でバイクを楽しむのが良いでしょう。

6:ナルシスト!

自意識過剰くんっぽく見えるかも」(20代女子)

勝手な思い込みはやめてよ!と言いたくなりますが、これが世の女子達の意見です。

信号待ちなどでショーウィンドウに映り込んだ自分の姿って、バイカーなら誰でも見ちゃいますよね。しかし、そのような行為自体がナルシストだと思われているのでしょう。歩道を歩く見知らぬ女子からそう思われるのは仕方ないですが、やはり直接会って話せる女友達には、ナルシストだと思われないように気をつけましょう。

7:季節感なし!

「夏は暑苦しく、冬は寒そう」(20代女性)

たしかに、おっしゃる通りなご意見ですね。夏は暑いし、冬は寒いさ、当たり前だろ、人間だもの(みつお風)。

そんな四季の移ろいを感じながら走るバイカーの姿は、女子から見ると……これ以上言うのはやめておきます。

冬は風を切って走るから普段よりも厚着しなければ寒いし、夏でも安全性も考慮した洋服選びをしなければならないので、仕方ないですよね。

8:ヤンキーっぽい!

バイク=暴走族でしょ。ヤンキーでしょ。」(20代女性)

いや、そんなことないんですけどね。良くも悪くも“3代目”のイメージでしょうか……。

最近だと大手携帯電話会社のCMでも起用されている「なめ猫」の時代から貼られてしまったレッテルですね。少なからずバイクに対してマイナスイメージを持っている方もいるというのが現状ですが、バイカー一人一人の心がけ次第で払拭できるはずです。近隣住民との共生を目指して、まずは笑顔で挨拶ですね。

9:危ない・キケン!

「どう考えても危ないわ」(20代女性)

ごもっともなご意見ですね。箱に守られているクルマとは異なり、確かにバイクは身体がむき出しですので、危険がないといえばウソになります。

しかし、スノボやスキーなどウィンタースポーツでのケガや自転車でのケガの方が、バイクよりも高いんです! 上記の「ヤンキーっぽい」と同様、バイクに対する勝手な潜在意識が原因であることは間違いありませんが、安全運転とグッドマナーに気を配ることで、払拭できるイメージでしょう。

10:バイタリティありそう!

生命力が強そう。笑」(10代女性)

ぱっと見、好意的な意見かと思いきや、最後の「笑」が意味深ですね。

バイク最大の利点でもある機動力が「行動的=生命力が高い」と思われているのかもしれません。たしかに、暑い日も寒い日もとにかくバイクに乗っているバイカーたちは、生命力が強いのかもしれません。

たくましく思われていたり、ウザそうと思われていたり、女子から見るとバイクに対して様々なイメージがあるようですね。バイカーからしたら思いもつかない意見ばかりだったのではないでしょうか。

しかし、総合的にみると多くの意見が実に前向き! やはり好きなことを楽しんでいる人って、周囲から見ても悪い気はしないものです。バイク好きを高らかに宣言して、そのうえで理解してくれる女友達を増やしていきましょう!

友達とシェアしよう!

あわせて読みたいオススメ記事