【知ってた?】DEUSってバイク&サーフがテーマのブランドなんだって

今、ストリートシーンでは「DEUS(デウス)」が大流行していますね!
“見慣れてきた感”のあるロゴの入った同社のアパレルですが、ただのファッションブランドではないんですよ。そこで今回は「デウス」というミックスカルチャーブランドについてご紹介しちゃいましょう!

デウスって何屋なの?

この定番ロゴがプリントされたキャップやTシャツを、ここ1~2年でやたら見かけるようになりましたね! その製造元が「デウス」です。正式名称は「Deus Ex Machina(デウスエクスマキナ)」で、2006年にオーストラリアで生まれたモーターサイクルカルチャーとサーフカルチャーをミックスした、ライフスタイル提案型のブランドです。

日本では原宿にショップ(&カフェ)が出来たため、有名人やアパレル方面に詳しい方から着火! その結果、ファッションアイコンとしての認知度が高まったわけです。が、本来の姿は、あくまでもライフスタイル提案型ブランド。
例えば…、

こんな感じで、サーフボードも売っています。

そしてもちろん、イカしたカスタムバイクも製作しています。ちなみにこちらのカスタムバイク「バリ・ドッグ」は、サーフボード・キャリアを搭載した、まさにデウスの真骨頂であるミックスカルチャーを提案しています。
なおデウスは、日本製のバイクへのリスペクトから、基本的にはヤマハ・XJRカワサキ・W650ホンダ・スーパーカブなど国内メーカーのバイクをベースにカスタムしているという点も親近感が湧きます。

ゆるい感じがちょうどいい

そんなデウスの直営店は、先に述べた通り原宿にあります。場所は原宿の遊歩道を千駄ヶ谷方面に歩いて行って、その終わりあたり。

このようにバイクとサーフをミックスした、ゆるい感じ(良い意味で)のアパレルがズラリ!

カフェも併設されているので、ふらっと立ち寄っても、おいしいコーヒーとゆったりとした雰囲気を堪能できます。ちなみにみんな大好きアイスコーヒーが400円、アイスラテが450円と、お値段も良心的!

メニューはコチラ

ファッションとして「デウス」を着こなすのも素敵ですが、「デウス」がユニークなライフスタイル提案型ブランドであることを知った上で着こなせば、より一層あのロゴに対しても愛着が湧きますよね。
まずはデウスが打ち出すミックスカルチャーの雰囲気を堪能しに、原宿店へ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
なお、デウス主催のカスタムバイクイベント「THE DEUS BIKE BUILD OFF」が、9月24日〜25日にお台場で開催されます。デウスの打ち出すミックスカルチャーを肌で感じたい方は、こちらも是非行ってみてくださいね!

THE DEUS BIKE BUILD OFF の詳細はコチラ

参考:DEUS EX MACHINAON THE ROAD MAGAZINE WEB

友達とシェアしよう!

あわせて読みたいオススメ記事