【千と千尋みたい】東京湾の上に建てられた電柱があるって知ってた!?

「木更津に行こうとしたら、千と千尋の神隠しの世界に迷い込んでしまった…」そんなワケのわからないウワサを友達から聞いた。
どうやら話によると、千葉県は木更津市に江川海岸というところがあり、海の中に電柱が立っている不思議な場所があるとのこと。しかも、夕方から夜にかけてはとても幻想的で、「こ…これが、東京湾…だと?」と疑うほどの絶景らしい。

調べてみると、木更津の江川海岸までは渋谷から電車とバスを乗り継いで2時間チョイだったので、休日を持て余しているヒマな友達を誘って出かけてみました。

この先が異空間らしい…

木更津駅からバス&徒歩で、いよいよ目的地の江川海岸に到着
結構有名な観光スポットらしく、迷うことなくあっさり目的地を発見。看板の通り、この先が江川海岸のようです。夕暮れで真っ暗になる前に到着できて良かった。

異空間に到着!

海の中から電柱がっ! 元はアサリ密漁の監視小屋があったのですが、そこへ電気を送っていたのがこの電柱だったそうです。今は監視小屋もなくなり、電柱だけが残ったというワケです。前はもう少し北側の金田海岸にも電柱があったのですが、そちらはすでに撤去されて、今はこの江川海岸だけに残っているのだそう。

向こう岸に見えるのは川崎の工業地帯でしょうか。そちらに向かって立っている電柱がなんとも不思議で幻惑的な光景ですよね。

有名な撮影スポットらしい

映画『千と千尋の神隠し』に出てきそうな幻想的な風景は、やはり人気撮影スポットのようで、多くの方がSNSでアップしています。

干潮だと電柱の全体像が見えるようです。水に沈んだ電柱を期待していて、むき出しだったらちょっと残念ですね。

地元の名物回転寿司屋へゴー!

さて、すっかり日も暮れてしまいましたが、港に来たならディナーはやはりお魚でしょう。ということで、本日は奮発してお寿司にします。地元の人気回転寿司「スーパー回転寿司やまと」にやってきました。

リーズナブルに変わりネタが食べられる

産地直送の新鮮なネタをリーズナブルにいただきました。アナゴ一本握り海鮮茶碗蒸しなど、どれも予想より遥かに美味しかったです。

また、トビウオにぎりは羽が刺さった状態で流れてきたり、マンボウのにぎりといった東京の回転寿司でまず見ることのないネタもいっぱいありました!

こちらは地魚3貫(この日は黒むつ、わらさ、生さば)。どれも都内の回転寿司チェーンではまず食べられないネタで、お得感もバッチリでした。

時間を持て余した僕らは夜のスカイライン見学へ

夜に予定があるわけでもない僕らは、スーパー回転寿司やまとでお腹を満たした後、アクアラインの夜景を眺めてから帰ることにしました。ここも有数の撮影スポットとのこと。

ちなみに、この絶景を拝める場所は木更津金田IC近くの右手辺りです。

アクアラインを走る車のライトを見ながら、ゆったりと缶コーヒーを飲んでいると友達が、バイト先のことや就職のことをポツリポツリと話し始めました。少し間が空いてから、何を思ったか「彼女と来たらロマンチックだろうな……」。(ちなみに友達も現在彼女なし)

男友達と来ても充分楽しめたのですが、たしかに彼女や女友達と来たら、さらに楽しめること間違い無しでしょう。

「今年こそは彼女を作ろう、いや、その前に女友達を増やして、可能性を高めよう!」そう誓いあった2017年の初春でした……。

詳細情報

江川海岸
住所:千葉県木更津市江川

スーパー回転寿司やまと
住所:千葉県木更津市中央3-9-8
TEL:0438-25-2269
営業時間:11時~22時(年中無休)
http://www.yamato-f.com/yamato/index.html

友達とシェアしよう!

あわせて読みたいオススメ記事